創業11年になる九重西鉄ホテル「花山酔」は、
九重・飯田高原の長者原温泉郷の一角、やまなみハイウェイ沿いにあります。
登山やトレッキングはもちろん、
九重“夢”大吊橋やくじゅう花公園などの観光スポットにも近く
どこに行くのもとっても便利!
今回、アナザートリップでもご紹介した「タデ原早朝散策」など、
ホテル主催のおもてなしプランなども行う花山酔には、
宿泊も、お料理も、温泉も、くじゅうの魅力が満載です。
客室は、洋室が16部屋、和洋室が16部屋の全32部屋。
居心地抜群のお部屋には大きな窓があり、
くじゅうの連山の景色をめいいっぱい感じることができます。
館内にはホテルスタッフ手書きの近くのオススメスポットや観光情報が飾ってあり、
見頃のお花などを知ることが出来るのが嬉しい!
また、ロビーにある支配人自ら山に登り撮影したという写真も注目!

ホテル主催のオプションガイドプランは、
夏休み限定の「タデ原早朝散策」以外にも
季節に応じて星空観察やきのこ観察、夜のタデ原散策など
休日を中心に多様なプランを開催しています。
詳細や日程は、決まり次第更新するそうなので
直接「花山酔」にお問い合わせを!
地産地消の食材を使ったレストランでは、
食の安全を考えた美味しく丁寧なお料理がいただけます。
メインのお料理は大分の名産、豊後牛やアジ・関サバ、
また、くじゅうのブランド豚「九重“夢”ポーク」などプランによってさまざま!
プラン内容はホームページから!
ランチタイムは宿泊者以外の方でも利用できるので、
ぜひ、くじゅうならではの贅沢な食を堪能してみて!
また、オススメはテラス席。まるで森の中にいるような気持ちにさせてくれます。
朝はのんびりリラックスしたティータイム、
夜はライトアップされた森の風景が神秘的で素敵!
そして温泉は、なんと宿泊者以外でもひとり500円で利用できる立ち寄り湯!
しかも50分1,500円(要予約)の家族風呂もあるので、
トレッキングやレジャーで汗をかいた後は、
温泉でさっぱりできちゃいます。

実は、惜しまれつつも今年の11月いっぱいで営業を終了してしまう「花山酔」。
しかし、まだまだ遅くない!
ホテルならではのサービスに加え、くじゅうの魅力もたっぷり感じられるので、
今年の夏の宿泊にぜひ選んで欲しいオススメホテルです!

○九重西鉄ホテル 花山酔


0973-79-2311

大分県玖珠郡九重町大字田野260-1

1泊2食付/11,000円〜
http://www.hanasansui.co.jp/



トップページへ戻る