今年の1月に太宰府天満宮から、春にぴったりのお菓子「梅とうぐいす」が発売されました。御神木である飛梅(とびうめ)をはじめ、梅の名所としても知られる太宰府天満宮のイメージを受けて、陶芸家・鹿児島睦さんが4種類の梅の花とうぐいすの図案をデザイン。それを博多の老舗和菓子屋「鈴懸」の職人が丁寧に干菓子として再現しました。
和三盆・ヨモギ・梅・シナモンと味わいの異なる5つの干菓子は、きめ細かい和三盆糖を使った上品な甘さと口どけの良さが魅力。お茶やコーヒーと、特別な日に食べたい逸品です。

梅とうぐいす
5個入り 1,404円


太宰府天満宮
福岡県太宰府市宰府4-7-1
http://www.dazaifutenmangu.or.jp/


トップページへ戻る